ものデザインコラボLAB KOBE

ものデザインコラボLAB KOBE

神戸市では、神戸の資源や魅力をデザインの視点で見つめなおし、新たな魅力と活力の創出を促進する都市戦略「デザイン都市・神戸」を推進し、デザインの力を活かした産業の振興に取り組んでいます。その取り組みとして、デザイン(=戦略)の視点から、ものづくり中小企業を対象に、自社や製品のブランドコンセプトを固めて具体的な商品開発につなげるための商品開発実践プログラムを実施します。(引用:神戸市 経済観光局 経済部工業課)

自社ブランドづくりの勉強会から商品開発まで

神戸の事業者さまが7,8社集まって1年目「自社ブランドづくり」、
2年目「商品開発」フェーズを経て新商品つくりあげるプロジェクトです。
自社ブランドづくりでは、全7回ほどで弊社が行っているブランドづくりの
ステップを学んでいただきながら実際に行って頂きます。
会社や事業者の進む方向性(=コンセプト)を見出してから、
自社の中で位置づけられた商品をともに開発していきます

ファッション、食、機械、革、シューズなど神戸ならではの事業者の集まり

神戸には様々なジャンルの事業者さまが比較的近い距離でビジネスをされています。
本プロジェクトを通じて自社の業界では出会わない人たちとの、
接点もつくることができ、プロジェクト中も定期的な情報交換を行い
ビジネスが上手く行く状況もつくれました。

神戸ブランドの底上げを目指して

ここから始まったプロジェクト

2016年12月25日