京都職人工房 講師

京都職人工房 講師

半年間かけて個々のブランドコンセプトづくりを行い、その後、売場を想定したモノづくり、販売を実施する。百貨店や東京ギャラリーショップ(コトモノミチ) にてテスト販売を繰り返し来年2月の展示会(ギフトショー:アクティブクリエイターズ)出展を目指します。これからの京都のものづくりを代表するような工芸品ブランド、お土産ブランドをつくっていけるように取り組みます。(引用:京都職人工房)

ものデザインコラボLAB

神戸市では、神戸の資源や魅力をデザインの視点で見つめなおし、新たな魅力と活力の創出を促進する都市戦略「デザイン都市・神戸」を推進し、デザインの力を活かした産業の振興に取り組んでいます。その取り組みとして、デザイン(=戦略)の視点から、ものづくり中小企業を対象に、自社や製品のブランドコンセプトを固めて具体的な商品開発につなげるための商品開発実践プログラムを実施します。

ものデザインコラボLAB

神戸市では、神戸の資源や魅力をデザインの視点で見つめなおし、新たな魅力と活力の創出を促進する都市戦略「デザイン都市・神戸」を推進し、デザインの力を活かした産業の振興に取り組んでいます。その取り組みとして、デザイン(=戦略)の視点から、ものづくり中小企業を対象に、自社や製品のブランドコンセプトを固めて具体的な商品開発につなげるための商品開発実践プログラムを実施します。

ものデザインコラボLAB

神戸市では、神戸の資源や魅力をデザインの視点で見つめなおし、新たな魅力と活力の創出を促進する都市戦略「デザイン都市・神戸」を推進し、デザインの力を活かした産業の振興に取り組んでいます。その取り組みとして、デザイン(=戦略)の視点から、ものづくり中小企業を対象に、自社や製品のブランドコンセプトを固めて具体的な商品開発につなげるための商品開発実践プログラムを実施します。

ここから始まったプロジェクト

kiichi_dmohno0916-011

kiichi_dmohno0916-011

kiichi_dmohno0916-011

2016年11月11日